佐野正弥 育毛の達人式

大金をかけた育毛-その結果

世間にはさまざまな育毛法が氾濫しています。

 

お金さえかければ、どんな方法でも間違いなく毛が生えて、
ふさふさの毛髪にすることが出来るのでしょうか?

 

以下は、そんな疑問に答える、実際におきた訴訟事件の判例に関する新聞記事です。

 

 

 

「必ず毛が生える」…薄かった効果
430万円で和解

 

2008年02月05日15時01分

 

「必ず毛が生える」との勧誘を信じ、育毛ケアを4年間受けたのに効果がなかったとして、大阪府内の男性会社員(58)が業界最大手「毛髪クリニック ● ● ● 」(大阪市)に対し、施術代や慰謝料など860万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(平林慶一裁判官)で和解した。

 

同社が施術代の約9割にあたる430万円の解決金を支払うことで合意した。

 

訴状によると、男性は01年4月、同社に「頭頂部が薄くなって久しい」と相談。担当者から「大丈夫。必ず生えてきます」「発毛には3年かかる」などと言われて契約した。

 

高周波治療器などによる頭皮への「発毛促進サービス」を05年5月まで週1回2時間のペースで受け、施術代約490万円を支払った。サプリメントなどの補助食品も190万円分買った。

 

しかし、実際には細い毛が少し生えただけで、男性は「頭頂部は光ったまま。効果はほとんどなかった」と主張。

 

「必ず生える」と勧誘したことは、消費者契約法が契約を取り消せる理由に定める「断定的判断の提供」にあたると訴えた。

 

同社は訴訟で「必ず生えるとは言っていない。発毛に個人差があることは事前に伝えていた」と反論したが、地裁の和解勧告に従って昨年9月に和解を受け入れた。

 

同社の広報担当者は「発毛効果はあったと考えているが、サービスが長期に及んだことや、ご本人の強い不満を考慮した」と話している。

 

アサヒ・コム

 

 

 

この判例はたまたま公になった例で、実際に起きている氷山の一角と捉えたほうが、より実態に則しています。

 

もしも、育毛のためにこのような多額のお金をかけそうな事態だったり、お金をかけなければ育毛できないとお考えの方は、ぜひ佐野正弥の「育毛の達人」を読まれることをお勧めいたします。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ